話し方教室|情報・アイデア・感情などを『伝える技術』を高める!

伝える技術を高めるには、インプットが大事?

伝える技術を高めると、情報・アイデア・感情などをうまく伝えられます。このコミュニケーション能力・スキルを改善すれば、意味のある会話を生み出すことができるようにもなります。

もし、あなたが「伝えるスキルを改善したい」と誰か周りの人に助けを求めたとすると、多くの場合は、たくさん本を読むことや、色んなものを見ることを勧められるのではないでしょうか。

例えば、ブログや新聞、雑誌を読むこと。あるいは、街に出て歩く、展示会に出向くこと、といった具合にです。そうして多くの情報をインプットすることで、ボキャブラリーも増え、うまく伝えられる、というのが一般的な理解であるように思えます。

伝えるスキルは、アウトプットのスキル!

確かに、多くのモノを読み、目にすることは大事なことです。しかし、残念ながら、それだけでは伝える技術は高まりません。なぜなら伝えるスキルは、アウトプットのスキルだからです。

ですから、実際に人と話す、あるいは人前で話す、というアウトプットを経ずして、伝えるスキルは上達しないのです。

その証拠に、知識や情報を多く持ってはいても、話が下手なビジネスマンはごまんといます。これは皆さんご承知の通りです。つまり、「話す」訓練や実践なくして、伝える技術は、やはり向上しないのです。

適度なスピードと、シンプルな構成で伝える

そこで、伝える際に大事なポイントを2つ述べておきます。

まずは、話すスピードです。相手が聞き取りやすいスピードで話さなければ、聞き手は話を聞こうとは思いません。早口は気をつけなければなりません。そしてもう一つ。シンプルな構成が大事です。分かりやすい話でなければ、聞き手は興味をもってくれないのです。ですから、ダラダラと話すのではなく、簡潔に話せるように構成することが肝心です。

ついでながら、もし質問されても、思いついたことをすぐに口にしない方がよいでしょう。先に少し考え、相手にとって意味のある回答をすることが望ましいのです。きっと相手もそれを望んでいるはずですから。

さて、伝える技術を向上させるためには訓練が必要です。伝え方、話し方の訓練です。幸い東京には話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院がありますので、せいぜいご利用になるのがよいでしょう。

© 話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/話し方教室入門スタッフ委員会