話し方教室「ビジネスで成功するための『人間関係』構築のポイント」(話し方・コミュニケーションスキル東京講座)

ビジネスの目標達成のために必要になるものは?

あなたのビジネスにおける目標を達成して成功するためには、「人間関係」を築くことがその重要なポイントの一つになることでしょう。仕事の専門能力には自信があるけれど、関係作りは苦手だなあ、という方もきっと多いのではないでしょうか。

今回は、ビジネスにおいて良好な人間関係を築くには、どうすれば良いのかを述べてみましょう。

社内で、社外で、人間関係を構築する

さて、ビジネスの人間関係、いったい誰と構築するのか、まずはココが肝心です。ご承知の通り、ビジネスの人間関係には、社内の人間関係と、社外の人間関係の2つがあります。

社内なら、上司や部下や同僚が対象になります。あなたがもし部下を持つリーダーなら、スタッフと継続的にオープンな関係を築くことは当然、重要になります。一方もし、あなたがスタッフなら、リーダーとの関係構築が大事です。そのためには、あなたのどの仕事がリーダーに最も大きな影響を与えるかを把握し、その仕事の進捗に関しては丁寧にリーダーにホウレンソウをすることがカギになります。

同僚との関係構築は、比較的簡単といえるでしょう。気軽に、オープンに、対話することでおおよそうまくいくものです。

そして社外。この関係構築の相手は、顧客になります。顧客との関係作りには、クライアントから当てにされる、信頼される存在にならなければなりません。「あ、その件なら、○○会社の、△△さんに、聞いてみよう」と。クライアントから頼りにされる人間になることでビジネスも広がり、自身の目標達成にも繋がっていくのです。

人間関係を築くための方法、それはコミュニケーション!

では社内外の人達と、どうやれば良好な人間関係を結べるのでしょうか。結論を申せば、それには「コミュニケーション」しかありません!最低限二つのことが肝心です。

一つ目は、何かをしてもらったら、それが些細なことであっても、「心から感謝の言葉を述べる」ことです。もちろん、これは当たり前です。しかし、キチンとできている確信はありますか?

二つ目は、「自ら、相手に働きかける姿勢」です。たとえば、「社交性」。あなたから、気軽にコーヒーやランチに誘っていますか。ちなみに、この際、あまり仕事の話はしないで、プライベートな会話の時間をもつことです。そうすることで親密な関係が深まります。

「手助け」も大事です。相手が困っていたら、手を貸してください。また、誰かの成功にも、手を貸して助けてあげてください。これは効果的です。きっと良好な関係づくりに大きく寄与することでしょう。もっとも、そのためには、普段から相手とコミュニケーションを取り、相手の状況を把握していることがキモになります。やはり、普段のコミュニケーションが大事、そういうことになりそうです。

© 話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/話し方教室入門スタッフ委員会