話し方教室「健全な関係を築くコミュニケーションスキルの習得を!」(話し方・コミュニケーションスキル東京講座)

人間関係が好転するコミュニケーションスキルとは?

健全な人間関係をきずくための土台は、コミュニケーションにあります。効果的なコミュニケーション・スキルを身につければ、人間関係は好転していくのです。その効果的コミュニケーション・スキルの筆頭は、相手の話を「聞く」スキルと言えるでしょう。

それに関して述べれば、相手の話を聞く時は、「聞くことに集中する」ことが大事です。勝手に、相手の話の先を予測してはいけません。相手の「今現在の話」に集中して聞くのがコツです。そうすることで、相手の話をよく理解できますし、また、そんなあなたの姿勢を見た相手は、自分に対する敬意や尊重を感じ取ることができます。

相手の話を理解できない時のコミュニケーションスキルとは?

さて、集中して聞いていても、「あなたが理解できない話」だったとします。あなたは、そんな時どんな対応をしているのでしょうか。「分かっていなにのに、分かったフリをする」人も多いのではないでしょうか。

しかし、これはいけません。後で気まずい思いをすることになります。では、どうすればよいのでしょう。そんな時は「あなたの中で何がはっきりしないのかを明らかにした上で、相手の話が終わるまで待ってから、明確に質問をする」ことをお勧めします。

相手を怒らせてしまった時のコミュニケーションスキルとは?

もし、あなたが相手に失礼なことを言ってしまった場合は、どうしましょうか?

そんな時は、しっかりと謝ることです。相手が少しでも興奮して声を上げるなどしたのなら「すみません」と。すぐに謝ることが大事です。そして、もし、相手が謝ってきた場合には、「ありがとう(ございます)」と言うだけで、その場の雰囲気を良くすることができます。

良好な関係性を構築するためのコミュニケーションスキルとは、シンプルなものです。しかし、シンブルではありますが「実践」することはそう簡単でもありません。

コミュニケーションスキルとは「実践」してナンボです。実践しながら、改善して磨き上げていくことが肝心といえます。

© 話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/話し方・コミュニケーション入門 委員会