話し方教室-効率的なコミュニケーションで生産性を上げたい時の注意点とは?

効率的コミュニケーションを取る際に注意すべきポイント

効率的なコミュニケーション・スキルがあれば、効果的なミーティングができます。また生産性やチームワークを改善することも可能になります。しかし、その効率的コミュニケーションを取るに際し注意すべき点もあります。

今回は、ビジネスで効率的コミュニケーションを取る際に気をつける3つのポイントを述べておきましょう。

効率的なコミュニケーションで生産性を高めたい時の「3つの心構え」

その第一は、コミュニケーションを始める前に、あなたが最終的に成し遂げたいこと、得たいもの、つまり目標を明確に把握しておくことが大事、ということです。目標が明確なら、話の流れがつかみやすくなります。もし目標が不明確なら、それがミーティングであるなら、ただのお喋りの時間になってしまう可能性が高くなるでしょう。

第二のポイントは、コミュニケーションをとるときには、相手を「尊重」することことが欠かせないということです。そこで、まず最初に、あなたが相手に述べることは、「感謝の気持ち」になります。たとえば、「時間を取ってくれたことに」感謝を表明します。「今日は、お忙しい中、お時間をいただきありがとうございます」と。

たとえ、あなたが上司で、相手が部下であったとしても、そうすべきなのです。そんな相手に対する尊重や敬意が信頼を生みますし、話をさらに前に進めやすくするのですから。

ポイントの第三は、コミュニケーションをとる際には、「ポジティブな態度」で臨む必要がある、ということです。反対のネガティブな態度で臨むと話が先に進まず、相手に不快、または攻撃的な印象を与えてしまうことになります。

ただ、ポジティブな態度はいいのですが、話が自分が主張したい点になった時、ポジティブが過ぎてアグレッシブにならないように気をつけたほうがよいでしょう。相手は引いてしまいますから。そのため声のトーンには気を付ける必要があります。

© 話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/話し方・コミュニケーション入門 委員会