19不安を感じるときにするスピーチ 如何にしてうまくコントロールしていくのか?

準備をして自信をつける つながりができるスピーチを

社交不安障害の最も大きな例の一つに、人前で話すことが挙げられ、動悸や息切れ、赤面などを引き起こす。そういった不安を和らげる方法を、Lydia Smith氏がYahoo Finance UKの9月12日の記事で紹介した。

まず、あなたが行うスピーチの情報量などに圧倒されないように、十分に準備を重ねておくことが必要。内容全体を書き記すのではなく、箇条書きにポイントだけをメモのようにしておくだけで、言葉を忘れてしまっても思い出すことができる。このように、準備をして自信をつけることでも、不安を和らげることが可能だ。

また、あなた1人だけが延々と話すと、緊張感を維持したままになってしまう。デジタルプラットフォームを使用して、リアルタイムで意見調査などを行うことで、オーディエンスを巻き込んでいくと、リラックスした雰囲気の中、話を進めていくことができるだろう。

心を落ち着かせるルーチンを 会場などに慣れておく

早起きをして、おいしい朝食を食べたり、ジョギングに出かけたりするルーチンを作ることで、心を落ち着けられる。スピーチの前に、自信をつけてくれる友人に会うのも良い。

また、スピーチを行う会場に早めに入るなどして慣れておくことも大切だ。そうすることで、ステージのイメージや、オーディエンスの座る位置を視覚化でき、想像による不安を和らげることができるだろう。