話し方教室「若い人達が『人前で話すスピーチ・スキル』を学ぶべき理由」(話し方・コミュニケーションスキル東京講座)

米国でも74%の人が「人前で話すことに恐れ」を感じる

ビジネス系デジタル・マガジンForbesは2月8日(2017年)、人前で話す技術を習得することの大切さをミレニアム世代に向けて説く、ケイティー・ジマーマン氏の論説を掲載しました。

米国のある統計によると、74%の人が人前で話すことに対して恐れを感じるといいます。そのため1982~2004生まれのミレニアム世代が、人前で話す技術を学ばないですませてしまう可能性は高いというのです。

とりわけこの世代は、テキストや絵文字、ソーシャルメディアでコミュニケーションすることに慣れて育っていますので、初めからハンディキャップがあるわけです。

「人前でのスピーチ」は、自身のブランド確立に不可欠

氏は、ミレニアム世代が「人前で話す技術を磨く理由」を4つ述べています。

1.同世代の中では珍しい技術だから
2.仕事を効果的に進められるから
3.自分のメッセージをもっと多くの人に聞いてもらえるから
4.自分や自分の仕事の個性を際立たせることができるから

人前で話す技術は自身のブランドを明確にして、個性を確立するために重要な技術です。他世代とのギャップを埋める助けにもなります。自分の意見を伝える方法を学ぶことが、時代遅れになることは決してないのです。

話し方教室の要点「なるべく人生の早い時期での、スピーチ能力の開発を!」

1.米国の統計によると、74%の人が人前で話すことに対して恐れを感じるという。1982~2004生まれのミレニアム世代なら、なおさらのことだろう。
2.人前で話す技術は、自身のブランドを明確にして、個を確立するために重要な技術。他世代とのギャップを埋める助けにもなる。意見を伝える方法を学ぶことが、時代遅れになることはない。

アメリカでも74%の人が、「人前での話しに、恐れ・プレッシャー」を感じています。「スピーチの恐怖は、死に対する恐怖を上回る」とは、アメリカでかなり以前から言われていることです。つまり、多くの人達は、スピーチに対して「あがり症」なわけです。陽気なアメリカ人がそうなのですから、日本人においては、より、その傾向が強いと言って間違いないでしょう。

その「スピーチ恐怖症、あがり症」につける薬、つまり、「あがり症克服法」が一つだけあります。それは、「訓練」です。「訓練をしていないから、スキルが拙い。スキルが拙いから、話が下手。話が下手だから、プレッシャーを感じる」。これが真実なのです。

ですから、皆さん、どなたもスピーチの訓練をしてください。できれば「人生の早い時期」での訓練をお勧めします。そうすれば、残りの人生が有意義なものになります。スピーチに苦労しなくて済むようになるのです。

もちろんスクール選びは重要です。伝統と実績ある話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京なら間違いありません。ご利用いただくのがよいでしょう。

(2018/11/05ブログ更新,2017/02/17初出)

© 話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/話し方教室入門スタッフ委員会