Q1: なぜ、マンツーマンと、グループの併用方式(学院方式)なのでしょうか?

あがり症の方、初学者、初心者にとって、授業の導入はマンツーマンが優れています!しかし、ずっとマンツーマンだけでもよろしくありません。確固たる自信がつかない人もいるからです。

本学・話し方教室のマンツーマン授業は、日本で最良のものという自負があります。でも、「あがり症」の方には、グループ授業を併用した方が、よりよく結果を出せます。ですから、業界に先駆けて「マンツーマン&グループ併用」の話し方教室を開発しました。

適度な競争感覚といえばよいのでしょうか。隣の生徒さんが少しうまくやれるようになると、自分ももうちょっと頑張ろうと真剣になってきます。だからこそ、少人数グループ授業を併用することが大切なのです。
したがいまして、原則として、 「マンツーマンとグループ併用」の標準コース、標準普及コースをお勧めいたします。

Q2:私は遠方に住んでいて、話し方教室に10回も通学できません。どうしたら良いでしょうか?

本学・話し方 教室の「2日間・集中授業」をお勧めします。そうすれば「2回の日帰り通学」でも、「1回の通学」(1泊2日)でも、全課程を無理なく修了することができます。安心して、学院にお越し下さい。

ちなみに希望者には、2ヵ月間「無料」でグループ授業に参加できる特典もありますので、余裕がある方はご利用になるとよいでしょう。

Q3: 大変急いでいます!「1週間以内」で話し方教室を修了することは可能でしょうか?

もちろん可能です。「マンツーマン授業圧縮」のアレンジコース、または、「2日間・集中コース」をお勧めします。「ご希望の修了期限」と、その間に「何回・ご通学になれるかを」担当トレーナーにお伝え下さい。

ご希望を伺い、無理のないプログラムをお作りし、ご指導いたしますので、ご心配無用です。

Q4:(主婦として家の中にいるうちに、社会が大きく変わった気がします。)これからまた仕事をしようと思うのですが、仕事にも役立つ話し方が身につく話し方教室でしょうか?

もちろんです!

経験ゼロから始められて、話し方を仕事の実務スキル(技術)のひとつとして身につけられることが、本学・話し方教室「初学者(初心者)コース」の 大きな特徴です。

もちろん、人によってその進み方は違います。すぐに習得してしまう方がいれば、なかなか慣れない方もいるのは事実です。でもあきらめなければ、いずれは できるようになります。

ついでに申し上げますと、補習授業が必要になる方は、きわめてまれなケースです。でも万が一の場合、仮に補習授業を お取りになるにしても、生徒さんに負担がかからないように、本学では費用の面で、格段の配慮をしています。

ですので、ご心配にならないで、人生に再チャレンジしてください!お待ちしています。

Q5:私は、OLです。話し方教室の授業はつらくて厳しいのでしょうか?また、自信がないのですが、そんな私でもついていくことができるでしょうか?

本学・話し方 教室で学ぶ方は、子供ではなく、職業人、大人です。
授業では、あくまでも丁寧に、をモットーにご指導しています。でもある程度のきびしさも伴います。なぜなら、優しいだけの授業をすることは簡単なことですが、きちんとした力やスキルが身につかないからです。

安易に流れるだけの授業では、結局、生徒さんのためにならず、生徒さんのお金を無駄にさせてしまうだけで終わります。そんなことは、本学にはできません。でも、明るく励まし、丁寧なご指導をしますので、必ずや、ついて来れます。

ご心配はよく理解できます。でも、一歩先には、「話すことが楽しくなった・あなた」、「人生が変わった・あなた」がいるのです。このことを忘れないで、さあ、本学・話し方教室への 一歩を 踏み出しましょう!

Q6: 学院の・話し方教室 「初学者/初心者コース」には、どんな方がご入学になっているのですか?

学院の「今月のニュースレター」で、過去にご紹介したことがありますので、ご参考に、そのまま掲載いたします。

No.25『初学者(初心者)コース』へのご入学者

本学・話し方 教室「初学者(初心者)コース」にご入学になる方は、次のような方です。
・ 軽度・中度・重度の、 あがり症の方 ・ まったくの 話し下手な方 ・ 自分に 自信がない方
・ 人前で 話した経験や、話し方の知識が ゼロの方 ・ 話すことに 自信がない方
・ ビジネスマン ・ 有職女性 ・ 特別に入学を許された 成人学生
・ どうしても 自分の悩みを 解決したいと強く思っている方
・ 日常的な 仕事に役立つ話し方を 身につけたい方

年間を通じて、ほんとに、ありと、あらゆる方がおいでになる話し方教室です。季節により、一時的に増えるタイプの方達もいます。例えば、秋になりますと大学生が、早めの「就職面接対策」で、我が校の話し方教室を多くご利用になります。(※現在は、学生や20代の方の指導を、実施しておりません。)

また、春になると、色んな企業や団体の 「新入社員」の方達が、がぜん増えてきます。ピカピカの 新入社員1年生の、入学動機は 次の通りです。

・ あがって 自己紹介も ろくにできないので、何とかしたい。
・ 新人研修の時、緊張して声が出なかったので、克服したい。
・ 同僚や、先輩、上司との人付き合いが憂鬱なので 何とかしたい。
・ 敬語や言葉遣い、電話のかけ方・受け方に 自信がないので、解決したい。
・ 社会人としての エチケット&マナーがダメなので、教えてほしい。

また、興味深いことに、日本経済の状況によって、その時々に厳しい経営環境にある業界の方々が、一時的に本学・話し方教室に集中することがあります。

バブルがはじけた頃は、証券業界から 証券マンが多数本学に押しかけて来ました。また、ある時は、看護婦さんが集中したこともあります。最近ですと、経営の厳しいA電気や、B電機といった大企業の社員さんが、同時期に 続々ご入学になっています。

彼らの入学動機は、「話し下手では、自分の会社において、自分の有用性を売り込めず、真っ先にリストラの対象になってしまう。ですから、それに備えるため」。そう、拝察します。

いずれにしろ、本学・話し方教室「初学者コース」への入学動機は様々ですが、皆さんが 学院で学ばれて、嬉々として巣立っていく姿をお見受けし、私たちは大きな喜びに包まれます。

「もう大丈夫!何があっても、負けないで、頑張って!」。一人一人の彼らの背中に、心の中で、私達は そう叫ばずには いられないのです。

◎「専業主婦の コミュニケーション能力開発」(ご参照情報)